サラヴィオ化粧品

腰痛・関節痛を緩和する温泉藻類®RG92の働き


サラヴィオが別府温泉で発見した独自成分 「温泉藻類®RG92」

サラヴィオが別府温泉で発見した『RG92』は、腰痛関節痛といった炎症を抑え、痛み腫れしびれ等の緩和が期待できる画期的な新成分として注目されています。
『RG92』は、温泉から採取した藻類を特別な環境で培養して得られる、サラヴィオ独自の成分です。

今回、炎症性疾患の治療や予防薬として期待がもてることが認められ、特許を得ることができました。また、糖尿病に対する効果の検証も久留米大学 医学部との共同研究でスタートしました。
詳しくはこちら

腰痛や関節痛等の「痛み」や「腫れ」はどうして起こるの?

健康リスクの上昇と共に増えてくる腰痛や関節痛。体内ではどのような問題が起きているのでしょうか?
まずは、体の中で起こっている現象を見てみましょう。

(図解)正常な関節と、炎症を起こしている関節

「腰が痛い」「ひざが痛い」「股関節が痛い」等の関節の痛みは「炎症性関節疾患」として括ることができます。炎症性関節疾患では、関節の組織に炎症が生じ、痛みや腫れなどの症状が出ます。

炎症性サイトカインが増えると痛みや腫れが増す!

痛みや腫れは、IL-1(インターロイキン1)、IL-6(インターロインキン6)という炎症性サイトカインが増加することで進行し、炎症性サイトカインをコントロールすることは、痛みや腫れを抑えることにつながります。

よくわかる解説

「炎症性サイトカインって何?」

炎症を「体の中の火事」と考えると、火の手を強めるものが炎症性サイトカインです。炎症性サイトカインが増えると炎症が強まり、痛み、腫れ、発熱等の症状や、機能障害、組織の崩壊をもたらします。

「IL-1」「IL-6」←なんて読むの?これって何?

「インターロイキン」と読みます。発見された順番で番号がついています。インターロイキンはサイトカインの種類を表し、IL-1やIL-6は炎症をもたらす炎症性サイトカインであることがわかっています。
つまり、IL-1やIL-6を減少させることが炎症を抑えることに繋がります。

RG92で炎症性サイトカインが減少! 関節炎モデルにおける薬理効果

大学医療機関との共同研究により、「日本薬学会 第133年会」、「第57回日本リウマチ学会」、「第112回日本皮膚科学会」において、温泉藻類®から得られたRG92糖脂質が、関節炎誘発因子を抑制することを発表しました。

リアルタイムPCRによる解析の結果、RG92を添加した
細胞では、IL-1βが5~6割減少した。

リアルタイムPCRによる解析の結果、RG92を添加した
細胞では、IL-6が3~4割減少した。

たくさんの研究から、関節炎等の「痛みの緩和」が確認されました。

関節や筋肉に疼痛がある15歳~80歳までの被験者に『RG92』を2週間塗布したところ、痛みの緩和の有効性が示されました。有効、やや有効の回答の内、1週間以内に有効性が認められた被験者が13%、即時と答えた方が65%あり、RG92の効果が表れやすい使用時間が示されました。

被験者の症状一覧

・関節痛(腰、肩、ひざ、ひじ、手首、足首、四肢の指)
・打撲痛
・リウマチによる疼痛
・筋肉痛
・坐骨神経痛
・腫れ
・皮膚炎(アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、ニキビ、湿疹)

RG92の特別な働きのまとめ
RG92は痛みの素である炎症性サイトカインを減少させることで、優れた抗炎症作用を発揮します。
従って、RG92は、痛み腫れ等に対して高い緩和効果を発揮する可能性が示唆されました。
  ページトップへ